「貸切バスのメリットは?」
「貸切バスの利用シーンについて知りたい」
「観光バスのサイズについて知りたい」

多くの方がご存知のように、貸切バスとは依頼主の需要に即して使用できる11人以上が定員となる車両のことをいいます。
それには巷でよく見られるマイクロバスから大型の観光バスのような車両まで、さまざまな大きさのものが含まれます。
ただし同じ貸切旅客の区分の中にあっても11人以上の車両定員と限定されているのですから、タクシーやハイヤーといった一般乗用旅客とは根本的な区別が存在しています。

関連リンク
観光バスサイズ
「貸切バス」とは? どんなときに使える? おおまかな料金やメリット・デメリットを紹介

貸切バスの利用用途

ところで日常において通常の外出であれば貸切バスを使用することはあまり考えられず、個別に自家用車やタクシーなどを利用したり、公共の交通機関を使う場合が多いのではないでしょうか。
そして貸切バスを利用するような状況があるとすれば、以下のような状態であることが一般的には考えられるのかもしれません。
まず身近なところでは、最寄りの駅から遠く離れた交通の便のあまり良くない場所へ大勢の社員や作業員をまとめて送迎する仕事などがあります。
また結婚式や葬儀において、たくさんの親戚一同を一定の場所から目的地などへ送迎する場合も利用はよくあることです。

新たなる事業と人材が特徴的なベンチャービジネス

時間的にも費用的にも節約になる

そうすることによってひとつの目的を持っている人たちが単体ではなく団体での行動が可能となり、時間的にも費用的にも節約になると考えられるからです。
特に大勢の人が遠方からの移動を余儀なくされる場合、貸切バスを利用すれば行動が均一になるのでまとめ役になる方の負担の大きな軽減にもなるのではないでしょうか。
なお交通手段が貸し切りである場合、活躍の場は前述の内容だけではなくさまざまな旅行にも当てはまります。
旅行会社が企画したツアーでの旅行をするときはもちろんのこと、市町村で企画した旅行や個人的な集まりでの旅行などすべてにおいて快適な移動が約束されているといっても過言ではありません。

貸切バスの利用方法

さて貸切バスを利用するのは、思っているよりも案外簡単なものだといえます。
以前はバス会社などに電話をして相談することが一般的だったかもしれませんが、現代ではインターネットの発達により会社や自宅などにいながらにして料金の見積もりまで調べることが可能です。
そのうえいずれのバス会社が格安であるとか、評判が良いとかまで思いのままに調べられる世の中になっています。

まとめ

しかも全国対応で予約もインターネット上から簡単にできますから、今までバスの貸し切りをアテンドしたことがない方であってもいつでも安心で安全で快適な旅や移動が約束されています。