これからの社会を担っていく生徒たちを育てるためには講師自身も成長する必要がありますが、富士学院では共に頑張るという強い覚悟を持って、教育の原点である教え育むを実践し、当たり前のことを真面目に真剣に日々取り組んでいることが特徴です。
各種予備校や塾では合格実績が発表されていますが、その数字の集計方法には様々あり、残念ながら信頼できない場合もあります。
合格実績は生徒や父兄の方が予備校を選ぶ際の大事な指針となりますので、富士学院では偽りのない数字を提示しています。

富士学院の特徴

入会を希望する生徒を選抜することもなく、今の成績が厳しい生徒であっても真剣に医学部を目指しているならば合格に向けて共に頑張ってくれますし、現役高校生や浪人生だけではなく、中学生も受け入れていますので、中学生であっても来校して授業を受ければ先輩たちが頑張っている姿から刺激を受け、さらなるやる気アップや成績向上が期待できます。
来校が難しい場合にはオンラインでの授業も行っていますので、部活や他の習い事の妨げになることもありません。
医学部専門予備校を利用する利点として、それまでのデータやノウハウを共用できることがありますが、富士学院ではその情報をただ渡すのではなく、生徒がしっかりと活かせるように、医学部受験に精通したプロ講師や最新の入試情報をはじめ、合格に必要とされる環境が整備されていますし、生徒を指導するために講師陣がチームを組んで指導することも大きな特徴です。
各教科の担当講師と担任講師、担当職員と校舎長が最良の指導方針を共有していますので、得意科目と苦手科目を洗い出して総合点から今やる科目、単元、課題を適切に判断していきますし、生徒と大学の相性や合格可能性を考慮して出願先を選定し、そのための対策も万全です。

総合的に判断して採用されたプロ講師

富士学院の講師は厳しい選抜試験で採用されていますが、難関大学出身だったりすでに業界で有名な講師だからといって生徒の成績を伸ばせるとは限りません。
筆記試験後の模擬授業で生徒目線にたった指導ができるのか、教え育む教育ができるのか、チームの一員としての自覚を持てるのかなど総合的に判断して採用されたプロ講師だからこそ安心して合格までお任せできます。
東京から九州まで全国に直営の8教室を構えた医学部受験予備校として国内最大規模であることも特徴です。
入校すればすべての校舎を利用でき、入試情報生徒情報を共有できることも生徒にとっては大きなメリットです。
受験期間には最寄りの校舎で自習室を使え、講師に質問も可能ですし、他の生徒の姿を見ることでモチベーションを維持することもできます。
滞在するホテルで一人で勉強するのではなく、講師と一緒に最後の追い込みをかけられることも直営校を有する予備校ならではの大きなメリットです。

医学部入試研究会を各校舎ごとに開催

高校の進路指導担当の先生をお招きして医学部入試研究会を各校舎ごとに開催しています。
今年度医学部入試の総括、最新の情報と変更点、面接試験の捉え方、生徒への意識付けやモチベーションの保ち方など多岐にわたって解説し、偏差値だけでは計れない難しさや特徴を学ぶことができます。
高校からの依頼で現役生と対象とした医学部受験セミナーも行っていて、入試の現状や面接、小論文の重要性、合格に直結する出願先の選定など詳しく解説していますし、医師の仕事の素晴らしさややりがいを紹介することで勉強への意識付けにもなります。
医学部実力模試や大学別プレテストには、毎回多くの高校が参加していて高校や進路担当の先生との連携も深くなっていますし、大学とも連携していて医学部入試担当者からの説明会、個別相談会、医学部教授の模擬講義も随時開催しています。

オープンキャンパスでは過去問解説を含む入試対策講座を行う

オープンキャンパスでは過去問解説を含む入試対策講座を行っていて、大学からも高く評価されています。
すべての校舎内やその校舎の近くに学生専用食堂を完備していて、栄養士が管理したメニューを土日も含めて毎日3食、すべての生徒が利用することができます。
月に一度料理長によるスペシャルメニューが提供されていて、こちらも大好評です。
自宅から通えない入校希望者には男女別れた専用の寮も用意されています。
ワンルームタイプの個室で、家具、冷蔵庫、机など必要なものは全て揃っていますし、防犯カメラ、オートロックでセキュリティ面も万全です。
合格への一番の敵はライバルではなく自分自身ですので、最後まで諦めないで努力できるように講師や職員が生徒とともに頑張るサポート力も大切です。
頑張るのは生徒自身ですが、それは孤独な戦いではなく、応援してくれるすべての人を含めた団体戦です。

まとめ

絶対に諦めず、最後まで頑張り抜くことで偏差値では計れない合格を勝ち取ることができます。
富士学院で合格を勝ち取った医大生や現役ドクターによる富士OB会があり、合格者には大学ごとの入試情報ファイルがプレゼントされ、大学生活をさらに有意義に送ることができます。