「映像制作会社で働きたい」
「映像制作会社で働く場合に求められることを知りたい」
「映像制作会社に転職したい」

映像制作会社で働くことを希望する人の多くは、自分自身の映像制作の技術を生かしたいと考えることが少なくありません。
そのためアマチュアとして数々の映像制作を行っており、自分自身の技術力に自信のあると言う人が多いものです。

クライアントの希望通りの動画を制作することが仕事

しかし実際に会社に入社するとほとんどの人はその自信が失望に変わり、また映像制作の意欲をなくしてしまうと言うことが少なくありません。
その理由は映像制作会社が外から見た印象と実際の中の仕事は大きく異なるためで、高い技術を駆使して多くの効果的な映像を作ることができる場所であると思われている外見とは異なり、実際にはクライアントの希望通りの動画を制作することに注力しているためです。
高い技術を駆使しても必ずしもクライアントに受け入れられてもらうものではないため、このような動画を制作しても会社の利益にはつながりません。
それよりもクライアントの望むものを確実に制作するためにその情報を集める能力を持っていることが、会社で評価される重要なポイントとなっています。

学生さん注目!専門学校に通うメリット・デメリット

豊富な映像に関する知識と適切に表現する能力を持っていることが必要

映像制作会社に就職するためには映像制作の技術よりもこの営業力が重要となり、豊富な映像に関する知識とこれを適切に表現する能力を持っていることが必要です。
自分自身でその技術を駆使して動画を制作する能力ではなく、あくまでも第三者に対して適切にその効果を説明することができる能力であり、実際に映像を作るための技術ではありません。
この点に十分に注意をしないと、会社に就職しても独りよがりの映像を制作し、結果的には戦力にならないと判断されてしまうことになるので注意が必要です。

近年の動画サイトに見られる投稿動画の傾向

最近では様々な動画サイトに動画を投稿し利益を得ていると言う人も増えていますが、これにも重要な従来とは異なる傾向の違いが見られるようになってきました。
1つは高い利益を得るために多くの人に受け入れられる動画を制作することで、そのために様々なマーケティングを行っていると言う人が多いのが実態です。
従来は自分自身で面白いと思った動画を投稿することでその閲覧数を増やそうとしている人が多かったのですが、近年では求められる映像を制作すると言う人が増えており、またその傾向が多くの人に伝搬していると言う状況があります。

まとめ

映像制作会社の場合にはクライアントと言う顧客に対して受け入れられることで報酬を得ることができる仕組みとなっているので、自分自身の技術力だけでは通用しないと言うことを十分に意識することが大切です。