方向音痴を治す方法ってあるのか?原因やなりやすい人の特徴について

方向音痴って治るの?

今や車にカーナビは当たり前、歩き回る際にもスマホの地図アプリの指示に従って歩いているから自身が方向音痴かどうかは分からないという方も増えているかもしれません。

しかしながら、もしもスマホを忘れてきたり人に道を聞かれた時に分からなかったりしては困ります。
その原因や特徴を知ることで、改善法を探ってみましょう。

女性に多いイメージのある方向音痴ですが、実際に課題を与えて調べてみたところはっきりとした男女差というのは出ていません。
ただし、「自分は方向音痴だ」と評価するのは女性の方が圧倒的に多く、自己評価が低いというだけに過ぎないようです。
どちらかというと性格的な面で特徴が出てくるようです。

「方向音痴」の原因と特徴、克服法 「女性に多い」は間違いか

たとえば、きちんと下調べをしない方・地図を見ようとしない方であったり、自身の勘を頼りにあてずっぽうに突き進んでいく人・たとえ違っていても自身こそ正しい方向に進んでいると堅く信じていく人は迷いやすいのです。

石橋を叩いて渡るような性格の人は、初めての場所であればあるほど事前によく調べているし本当にこの道であっているのか何度も地図を確かめながら進んでいくでしょう。

そうしていれば軌道修正もしやすく、大きく誤った方向には行き難いのです。
性格を見直すことこそが方向音痴を治す方法というわけです。

アプリやカーナビにまかせっきりというのも危険

最近の方に多いのですが、とにかくアプリやカーナビにまかせっきりというのも危険です。
そのまま、それの指示に従って行けるのであればいいのですが、場合によっては新しくできたり無くなってしまった道が更新されていないこともあります。

その結果、自身がどこにいるのかどこから来たのか全く分からなくなっているのです。
いつ何が起こるか分かりませんからある程度は周りの景色を見て目印を見つけておくなど、もしもに備えて対処しておきましょう。
特に大切な場所に行く時には充電もきちんとしておくべきです。

女性は男性と比べて地図を読む能力が弱いというデータもありますが、ここで必要となるのが空間認識能力です。
形や距離・大きさや間隔・空間内に並ぶ物体の配列などの情報をすばやく、しかも正確に知覚できるかどうかが男女で異なるのです。

それが方向感覚に影響を及ぼすこともありますし、数学の図形のテストが男性が得意な傾向があるのもそのためなのです。
これは脳の作りが関係するもの、女性としてはいくつも事例を見てこの能力を鍛えていくかムリなものと諦めて違った対処法を考えるしかありません。

もちろん、女性でも男性の脳に近い方は地図が問題なく読めますし逆に苦手だという男性もいます。
個人差もあるので注意しましょう。

道に迷うのは観察力の無さが関係している

ただ何となく通っているだけであれば、どんなに何回来たとしてもその道を覚えることは出来ません。
迷いたくないというなら周りを見て歩くようにしましょう、観察力の無さが関係しているのです。

とにかく目印となるものを覚え、覚えられないのであればメモ帳に記録しておくことです。
数人で来たときには行けたのに、後日一人で行こうとするとそのお店にたどり着けなかったというのなら、他人に観察力や記憶力を知らず知らずのうちにゆだねてしまっていたということ、また来たい場所であれば覚えるのは自身です。

何となくでも、ポイントとなる目印を覚え自身の進むべき道をはっきりと認識できる人もいます。
もしも自分が方向音痴だというなら、何となくでは必要な事項を手に入れることが出来ないのでしょう。

それは性格的なものや生まれつきの能力が影響します。
でも、先に調べておいたりメモをしたりという努力をすれば迷わないことは可能です。

まずは近場から地図を持って歩いてみる練習をしてみても良いでしょう。
ほんの少し意識して努力するだけで、方向音痴は治すことが出来ます。

株式投資の始め方、コツについて

証券会社の種類について

株式投資の始めるためには、証券会社に口座を作る必要があります。
株式投資は、市場に上場している銘柄を購入するのでどこの証券会社で口座を開設しても購入するもに違いはありません。

ただし、証券会社によって売買手数料や口座管理料などのサービスの違いがあります。
口座を開設するときには、手数料だけでなくサービス内容も確認して自分に合ったもの選びます。

証券会社には2種類に大きく分かれます。
それは総合証券とネット証券です。

総合証券は、専任の担当者が付いて株式投資についてアドバイスをしてくれます。
ネット証券は、インターネットで取引をして投資判断を自分で行います。

それぞれ良い面があるので、どちらを選択するかはニーズにもよります。
ただし担当者が付く分、総合証券の方が手数料が高くなります。

株式投資のコツの1つ、銘柄選定とは?

口座を開設して、入金したらいつでも株式投資が可能になります。
株式投資は市場に上場している銘柄を売買するのですが、その数は何千銘柄の中から選びます。

全部を比較したり、内容を吟味して購入するのは難しいです。
そのため、株式投資のコツの1つに銘柄選定があります。

銘柄選定の3つの方法を公開

数多くの銘柄から選ぶ前に投資目的を明確に決めることです。
目的には配当金や株主優待などです。

また、銘柄選定をするうえでもう1つ大切なのが投資スタンスを決めます。
投資スタンスは、長期保有なのか短期売買なのかです。

長期保有は、じっくりと持って値上がりや配当金をもらう方法です。
短期売買は大きな値上がりを待つのではなく、少しの値上がりを積み重ねていきます。

自分の性格にも考えながら投資スタンスを決めます。
投資スタンスと投資目的が決まると銘柄を絞りやすくなります。

分散投資が大切な理由とは?

他のコツとしては分散投資をすることです。
分散投資は、1つの銘柄へまとめて投資をするのではなく、色々な銘柄を保有します。

分散投資が大切な理由は、さまざまな銘柄を保有することでリスクを低くすることができます。
企業が倒産などをすると、株式は上場廃止になって価値がなくなります。

1つの銘柄しか持っていないと、全てが台無しになってしまいます。
それが、いくつもの銘柄があれば他で損失を取り戻せる可能性も出てくるからです。

また初心者がまず始める場合は、いきなりリスクの高い市場の銘柄を選ばないことも大切です。
株式は企業の規模や業績などにより上場している市場が違います。

日本でも大手で有名な企業が上場しているのは東京証券取引所一部です。
市場はそれ以外にもあり中には新興市場があります。

初心者は上場基準のより厳しい市場の銘柄を選定した方が良い

新興市場はベンチャー企業なども上場でき、赤字でも上場基準を満たせます。
そのため、株式は市場によってリスクが高くなります。

新興市場がリスクが高くなるのは、企業の規模だけでなく売買の少なさにもあります。
株式は売りたくても買い手がいないと売れません。

市場によっては売買の量が少なくなり、流動性のリスクも高くなります。
それだけ売買のタイミングが難しくなります。

リスクが高くなると、それだけ短期間でハイリターンも期待できます。
しかし、初心者の間は投資になれるまで上場基準のより厳しい市場の銘柄を選定した方が良いです。

自分が決めたルールの中で投資をすることが大切

個別銘柄も自分が知っている企業の方が、情報も入手しやすくなります。
多くの情報を入手することで売買のタイミングもつかみやすいです。

今はインターネットで検索をすると、簡単にさまざまな情報が入手できます。
しかし、やみくもに良い情報の銘柄へ投資するのではなく、自分が決めたルールの中で投資をすることが大切です。

情報に惑わされてあまり知らない企業のものを購入すると売却のタイミングがつかみにくくなります。
購入する前に投資目的とスタンスを決めておくことで、それにそっていないものを購入しなくてしみます。

新婚さん必見!一戸建てとマンション、住むならどっち?

一戸建て住宅はプライバシーを守ることができる

多くの新婚さんが、結婚後住む新居として一戸建てがいいかマンションがいいか考えていることでしょう。
それぞれに違ったメリット・デメリットがあるため、それらを慎重に考慮した上で自分たちにぴったりの新居を選ぶことができます。

そこで、ここでは新婚さんが新居を選ぶ上で是非とも考慮しておきたい幾つかのポイントをご紹介したいと思います。
もちろん一言で新婚さんと言っても、それぞれライフスタイルは違っており、将来の夢も異なるものです。
今のライフスタイルを考慮に入れつつ、将来の夢の実現のために賢く選ぶことが勧められています。

一戸建て住宅の最大のメリットは、一軒の家として独立しているため、プライバシーを守ることができるという点でしょう。
これまで実家で大勢と生活してきたりアパートなど集合住宅に住んでいたような場合、せっかく結婚したのですから二人だけの世界を十分に楽しみたいと思うかもしれません。

プライバシーが守られるため、人に干渉されるといった煩わしいことがないのが大きなメリットと言えます。

管理費や修繕積立金、または駐車場代などが掛からない

また、一戸建て住宅の場合、集合住宅に住む場合に必要となるような管理費や修繕積立金、または駐車場代といった余分の費用がかからないというメリットもあります。

もちろんマンションと比べると物件価格は高くなる傾向にあるとはいえ、これらの費用がかからないため、長期的に見て一戸建て住宅を選ぶ新婚さんも多いと言われています。

加えて、新婚さんが一戸建住宅に住む場合、将来子供が生まれて家族が増えたり、親が年を取り同居が必要になった時などに、増築や建て替えを自由に行なうことができるというメリットもあります。

また隣家との距離があればあるほど、騒音に関してトラブルが生じる可能性は低くなります。
こちらの声や音が近隣住民に聞こえるのではないだろうかと心配したり、反対に近隣に住む方々の声や音をうるさく感じることもないでしょう。

集合住宅に住んでいる場合、騒音は近隣との間にトラブルを起こす大きな原因となり得るため、この点で一戸建て住宅には大きなメリットがあると言えるのです。

マンションは一戸建て住宅よりも物件価格が安い傾向にある

では、新婚さんがマンションに住むことには一体どんなメリットがあるのでしょうか。
一つの大きなメリットは、同じ立地条件なら一戸建て住宅よりも物件価格が安い傾向にあるということです。

盛大な結婚式を終えたばかりの新婚さんの場合、新婚生活が始まった時点では恐らくたくさんのお金があるわけではなく、これから一生懸命に働いてお金を貯めていかなければならない状況にあるカップルのほうが多いものです。

そんな二人が新居を構えるに当たり、少しでも物件価格が安いほうが経済的な圧迫を感じずにすむため、余裕のある生活を送ることができるのです。
こうした経済的な理由で、集合住宅を選ぶ新婚さんも多いと言われています。

オートロックなどセキュリティ面がしっかりしている

さらに、多くの新婚さんにとってセキュリティ面がしっかりしているかどうかは、非常に重要なポイントとなるものです。
最近の多くのマンションにおいては、空き巣や放火といった問題に対して防犯効果の高い物件が増えていると言われています。

オートロックのように、他人が自由に出入りすることができないようにしている所も多くあるのです。
信頼できる管理人が常駐しているマンションなら、なおのこと安全であると言えるでしょう。

二人が安心して生活できるようにするために、上手に集合住宅を選ぶというのも、良い防犯対策になると思われます。
加えて、保温性や害虫による被害の有無、日当たりの良さといった面から考えても、一軒家よりも集合住宅のほうがはるかに有利であると考えて、マンションを選ぶ新婚さんも増えていると言われています。

異性に興味なし?同性同士で遊ぶ若い男女が増えている理由とは?

恋愛や結婚に興味がなくなっている人が増えている

異性に興味がなく、男女共に同性と遊ぶほうが楽しいと考える人が増えています。
その理由として、恋愛や結婚に興味がなくなっている人が増えていることが考えられます。

数十年前と比べて、シングルマザーやシングルファーザーが増えている時代ですから、恋愛や結婚に永遠はないということを小さいときから目にする機会が増えています。

そのため必ずしも恋人を作ったり、結婚をしなければならないという考えが減ってきている現実があります。
またクリスマスは恋人と一緒に過ごしたいという定番の考え方が、恋人と一緒ではなくても友達と一緒に同じように楽しく過ごせることを知る人が増えたからだと考えられます。

若い人は恋愛や結婚に興味を持っていた時代は、それ以外にはあまり楽しみといえるものがありませんでした。
しかし今の時代では、趣味を極めたり、人と一緒にいるよりも一人で過ごす時間を有効に使いたいという個性を重要視する時期に入っています。

若い男性の性欲も昔と比べるとなくなってきている

友達に恋人ができたから、自分も作らなければならないという考えを持つ人は少なくなっており、他人は他人で自分は自分だと考える人が多くなっているといえます。

恋愛や結婚に興味がないということは、裏を返せば性的なことに興味を持つ人が少なくなっていることを示しています。
特に男性は若いときは性欲が強いとされていましたが、今では現実世界に好きな異性がいなくても、アイドルや二次元の世界で好きな人がいるから問題ないと考えることが多いです。

それだけで欲望が満たされますし、現実世界にいない人を恋愛対象にするのであれば、失恋をすることも傷つけられることもありません。
現代人は、他人との間に適度な距離を持つことが大事だと考えていて、他人のテリトリーに入り込むことを嫌がるだけでなく、自分の中にも入り込ませたくないと考える人が増えています。

日本人の価値観が変わりつつある

恋愛となると心を開かなければなりませんし、結婚することにあれば相手の家族を巻き込んで面倒ごとが多くなります。
そのような面倒なことに気を取られたくないということから、異性と遊ぶよりも同性と過ごす時間のほうが気楽だと考える人が多いといえます。

また日本の風潮として、結婚をしなければ幸せではない、子どもを持たなければ一人前ではないという考え方が根本的に崩れていることも理由になっています。

昔は結婚をしたら専業主婦になる女性が多かったですが、現在では共働き世帯が圧倒的に増えています。
もし子どもが生まれた場合でも、女性は早めに職場復帰をしなければなりませんし、離婚した場合はシングルマザーとして生活が苦しくなることも考えられます。

女性だけでなく男性も、昔のように年功序列型で給料が上がっていくという時代は過ぎ去っていますから、妻子を養うための給料を得るには大変な思いをしなければなりません。

人間関係に波風をたてたくない、平和な考え方を持つ若者が増えた

そのようなことを考えたとき、家庭を持つ大変さと自由気ままに暮らす楽しさを比較して、自由を選ぶ人が増えています。
ただ自由であっても、人間は一人で生きていくことは難しいですし、時には孤独を感じることがあります。

そんな時に重要になるのが、友人です。
友人には同性も異性もいますが、異性であれば恋愛感情を持ってしまったときに、結婚というのがゴール地点になると考えがちです。

そうなってしまうと、自由きままな生活をおくれなくなってしまうので、結婚という地点がない同性の友人過ごすほうが気が楽になるため、同性同士で遊ぶ若者が増えているといえます。

同性のほうが同じ趣味を共有することができたり、思考回路が似通っているので喧嘩をすることも少ないため大きな衝突はほとんど起こりません。
人間関係に波風をたてたくない、平和な考え方を持つ若者が増えたことも原因になるでしょう。