「スキンケアで悩んでいる」
「自分に合った保湿クリームを探している」
「お肌の保湿の仕組みについて詳しく知りたい」

保湿はスキンケアの基本で、美白や美肌のためには必要不可欠です。
さまざまなお肌のトラブルを回避できたり、うるおいをキープすることができます。
お肌のトラブルの原因は乾燥で、いろいろなケースから乾燥が生じることがあります。
空気の乾燥には注意が必要で、秋~冬にかけて大幅に湿度が落ちるので、水分が奪われていき乾燥しやすいです。
外気の状態に関係なく、クーラーなどを使用していると湿度が落ちていきお肌が乾燥します。

紫外線にも注意が必要

紫外線にも注意が必要で、お肌の表面にはうるおいによる肌バリア機能があり、紫外線は保護膜を酸化させることが可能です。
保護膜が傷つくことによって水分が蒸発しやすくなり、肌は守ろうと角質が厚くなっていきます。
間違った洗顔方法も関係していて、お肌を傷つける洗顔には洗顔料を泡立てないうちに顔につけていたり、ゴシゴシ擦るようにして洗うことが多いです。
高い温度で洗い過ぎると必要な油分も奪ってしまったり、洗顔回数が多すぎるのも注意が必要です。

お肌のトラブルの種類

お肌のトラブルはいろいろな種類があり、見た目がカサカサしてきて粉を吹くことがあるでしょう。
いろいろな刺激について過敏になっていたり、炎症から痛みやかゆみなども起こしやすくなります。
古い角質を排出できずニキビや吹き出物を作るきっかけにもなります。
お肌にはうるおう機能がありますが、それが不足しているなら保湿クリームを使ってサポートすることが大事です。
お肌には天然のバリア機能があり、健康な肌は表面に角質層がたっぷり水分を蓄えています。
角質層らがバリアになっており、細胞と細胞の間にある水分を天然保湿因子(NMF)と呼ばれています。
天然保湿因子を角質層において留める役目を行っているのが細胞間脂質です。
肌バリアは肌細胞や天然保湿因子、細胞間脂質などで構成されており、適度な水分や油分などのバランスによって成り立ちます。

保湿クリームの役割について

乾燥からバランスが崩れると、肌を守る機能がなくなる仕組みです。
保湿クリームの役割について、角質層に浸透していき水分をサポートしたり、硬くなった角質に染み込んでいき柔らかさを維持することができます。
表面を覆いながら水分が蒸発するのを予防し、乾燥したお肌にうるおいを取り戻すことが可能です。
保湿化粧品にはいろいろな種類があり、保湿化粧水の場合水分を補給することができます。
ローションの主成分は水で、不足した水分をサポートする機能があります。
肌のタイプに関係なく、化粧水はたっぷり使うのが基本です。
保湿乳液の場合うるおいを維持したり、お肌を柔らかくすることができます。
主な成分は水分と油分、界面活性剤(乳化剤)になります。
細胞間脂質のセラミドが含まれているタイプもあり、乳液は化粧水と比較すると油分が多めに配合されており蒸発しにくくなっています。

化粧水と乳液で十分保湿することが可能

保水力が高く、長時間うるおいを維持することができるので、お肌が柔らかくなる仕組みです。
普通肌や脂性肌などの人は化粧水と乳液で十分保湿することが可能です。
脂性肌の場合額や鼻、アゴなどの油分が多い部位には塗る量を減らしたり、油分を吸い取ることで調節することができます。
乾燥肌ならジェルなど保湿剤を併用するのも良いです。
保湿クリームの場合、油分や保湿効果の高い美容成分などが含まれており、特にグリセリンやヒアルロン酸、コラーゲンやセラミドなどの濃度が高いです。
皮膚に膜を張っていき、水分の蒸発を予防することができます。
保湿したい部分に丁寧に重ねると効果が高いです。
目元や口元などに利用すると良く、優しく押していき馴染ませましょう。

美容液やパックにも保湿効果はある

美容液やパックにも保湿効果はあり、パックの場合美容液を既に染み込ませた貼るタイプや、泡を塗るタイプもあります。
そのまま放置して利用するケースが多く、自分に合ったものを選択することが可能です。
敏感肌の人は注意が必要で、薬用成分が配合されたものを見つけてみましょう。
保湿にはいくつかポイントがあり、例えばクレンジング剤を使って、メイクは短時間で落とすことが大切です。
洗顔のお湯はぬるめしてみて、洗顔料の泡は泡立ててから使います。
ふんわりした状態でお肌につけていき、ゴシゴシ擦るように洗わずに、手を優しく動かしていくのがコツです。
洗浄成分は顔に残らないようきれいにゆすぎ、丁寧な洗顔が求められます。
洗顔した後は保湿化粧品などを使用する際、いくつか気を付けるポイントがあります。
洗顔した後のお肌はある程度うるおいを失っているので、デリケートな状態です。
そのため洗顔した後、できるだけ早めに化粧水をつけておき、基本は化粧水や乳液、最後に保湿クリームなどを使っていきます。

まとめ

美容液にはいろいろな種類がありますが、それぞれタイミングが異なるので表示を読むことをおすすめします。
化粧水や乳液はべたつきが酷くならないぐらいにたっぷりと使います。
クリームはポイントで使っていき、お肌がつっぱった感じがするなら少し量を増やしてみたり、重ね付けすると良いでしょう。