Gマークを取得するためには、安全性向上の取り組みが必要不可欠となります。
とはいえその結果として生じるメリットは、数多くのものがあると言えるでしょう。

事故発生件数の減少

取得することのメリットとして、まず第一に挙げられることが、事故発生件数の減少です。
認定を受けたいと思った場合には、運転者に対しどうすれば安全に運転ができるのかその教育を実施したり、安全性向上への取り組みは必要不可欠なものとなります。
このようなことから運送事業者やドライバーと共に、安全性への意識が高まることになり、事故の減少にも大きく繋がるでしょう。
国土交通省の統計によって発表されたものの場合には、Gマークの認定を受けた事業所の場合には、受けていない事業所と比べた場合に、なんと事故が半数にも減っているのです。

経費の削減

そして二つ目のメリットにあげられることは、経費の削減が挙げられます。
安全性をいかに向上させるのかの取り組みによって、事故が減少した場合には、自動車保険、また貨物保険などの保険料も減少することになります。
これにより経費の削減が可能となるでしょう。
マークを取得するための評価項目の一つには、省エネ運転があります。
省エネ運転とはエコドライブやグリーン経営認証の取得にあたり、これは燃料代やトラック修繕費の削減に繋がります。

荷主から信頼が得られる

そしてメリットの三つ目には、荷主から信頼が得られることが挙げられます。
Gマークは優良なトラック運送事業者として認識が高まっていることから、荷主からの信頼を得ることにも繋がるでしょう。
近年では近年ではGマークの認定を受けている運送会社としか取引を行わないという企業も増えてきているので、取引の条件の一つにもなっていると言えます。

it点呼の導入が可能になる

そして場合によってはit点呼の導入が可能になることもメリットと言えます。
法律によりドライバーの出庫や帰庫時の点呼に関しては、対面で行わなければならないとされています。
二泊三日以上の運行がある場合には、中間点呼を除いて、出庫または帰庫のどちらかで必ず、対面点呼をしなければならないですのです。
しかしこの対面点呼に関しては、100%実現させることはかなり難しいことです。
しかしGマークの認定を受けることにより、テレビカメラなどといった端末で、営業所関や車庫間の点呼も対面点呼の一つとみなされるようになります。

まとめ

その他にもchgトラック導入の助成金要件の緩和や安全性優良事業所表彰など数多くのメリットがあります。

Gマーク取得