稼ぎたいなら還元率に注目する

毎日辛い仕事を続けていると、ギャンブルで楽して稼ぎたいと一度は夢に見るでしょう。
実際に世界にはブックメーカーで生計を立てている人もいますし、FXや株式投資で生活している人も一種のギャンブルで暮らしていると言えます。

ギャンブルで生活するのは無理とイメージしがちですが、現実にいる以上絶対にできないわけではありません。
しかしギャンブルで稼いでいくためには、闇雲にお金をかけているだけでは無理なのは事実です。

お金を賭けるギャンブルの仕組みを理解して、賢く挑戦しなければいけません。
お金を稼ぐためにギャンブルをするなら、注目したいのは還元率です。

還元率とはプレイヤーが賭けたお金に対して、払い戻しに使われるお金の割合のことです。
例えば競馬なら、馬券の売り上げ全てが払い戻しに使われるわけではありません。

競馬を開催するためには人件費や宣伝広告費など様々なコストが必要ですし、馬主や騎手に支払う賞金も売上から出さなければいけません。
さらに公営ギャンブルは国庫納付金を納める必要があり、これも売上の中から出されています。

売上から引かれるお金が少ないほどプレイヤーが受け取る利益は増える

つまり競馬の払い戻しに使われるお金は、運営費と国庫納付金を引かれた売上から払われているわけです。
競馬を運営しているためにはコストが必要ですし、馬主や騎手などの関係者にお金を払うのは仕方がないでしょう。

国の管理の下で競馬は開催されているので、国庫にお金を納めるのも当然かもしれません。
しかしギャンブルでお金を稼ぎたいことが目的なら、これらの経費はハッキリ言って邪魔な存在です。

売上から引かれるお金が少なければ少ないほどプレイヤーが受け取る利益は増えていくので、それだけギャンブルで勝ちやすくなります。
ですから単純にお金を稼ぎたいだけなら、おすすめは還元率が高いギャンブルを選ばなければいけません。

還元率が高いギャンブルとして注目されているのは、インターネットのオンラインカジノです。
オンラインカジノは還元率が約97%とされ、会社によっては99%に達するところもあります。

オンラインカジノの還元率は97%と圧倒的に高い

つまりゲームを遊ぶために支払ったお金の2%から3%を運営会社が経費として受け取り、残りは全てプレイヤーに還元されているわけです。
オンラインカジノのこの数値がどれだけ高いかは、日本で一般的な他のギャンブルと比べてみれば良くわかります。

日本で一般的なギャンブルと言えば、競馬・競輪・ボートレースでしょう。
これらは競技や式別によって若干の違いはありますが、概ね70%から80%の範囲です。

大衆の娯楽として定着しているパチンコでも80%から85%、日本人なら一度は買ったことが言っても過言ではない宝くじは46%しかありません。
馴染み深いギャンブルでは2割から3割程度、宝くじなら半額以上のお金を賭けた時点で胴元にとられていることになります。

ここから予想を的中させ続けてプラス収支に持っていくのは、簡単なことではありません。

プラス収支にするのは公営ギャンブルやパチンコよりも簡単

ですからギャンブルで生活するのは無理と言われ、日本人は真面目に働くしかないと思い込んでいるわけです。
しかし還元率が約97%のオンラインカジノなら、プラス収支にするのは公営ギャンブルやパチンコよりも簡単です。

公営ギャンブルやパチンコで高い勝率を維持できているなら、その数値をオンラインカジノでも実現できたら、大幅なプラス収支にすることも夢ではありません。

もちろんプレイヤーに有利な仕組みだからといって、絶対に儲かるわけではありません。
儲かるためには技術を磨き研究を重ねて、レベルアップさせていく必要があります。

ですが高い確率で儲けられる仕組みのギャンブルを選べば無理ではないので、お金を稼ぎたいならオンラインカジノを選びましょう。